読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかほかしっとり

思ったよりほかほか

ケイムトゥルー

 老人が多く来るスーパーに「あなたの思い出をキレイに!」という感じの広告ポスターが貼ってあって、これから戦争に行くような格好をした人の写真が鮮明になってる様子が説明されていた。昔のボロボロの写真をキレイにしてくれるサービスがあるということらしい。へんに明るい安っぽいレイアウトで、自分はそれを見て整形の広告を思い出した。俗っぽい発想で自分の未来をごちゃごちゃするのが整形だと思っていたが、まさか時間的に反対側にもそれができるとは思っていなかった。しかし考えてみれば戦争にいった人が全員立派で大義名分を抱いていたはずもなく、その頃に俗っぽい憧れを抱いていた人には現代になってその夢を叶える権利もあるんだなと感じた。