読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかほかしっとり

思ったよりほかほか

No気味No谷

日記は自分は他人から見て痛々しいくらいの方がいいと思う。なぜかは分からない。今そう思う。日記でまで他人の目を意識して、かっこいいかかっこ悪いかの賭けをするよりも、自分に対してかっこつけて自分で後で恥ずかしい方がまだいいように思える。それに自分が本当に考えていることっていうのを言葉にするというのは案外難しい。他人から見て痛々しいということは、内面の生々しさをそれだけ出せているということなのではないだろうかとも思ったりする。言って見れば、文章が不気味の谷に落っこちているのだ。ろくに推敲もせずにそこまで気持ち悪くできたら大したもんなんじゃないだろうか。煮詰めて煮詰めて不気味の谷を脱した名文をしたためられたとして、それは果たして誰の為になるというのだろう。それはさすがに格好つけすぎだ。そこまで自分は格好いいと思われたいとは思わない。文章を不気味の谷に突き落とすことを目的にするくらいが時間もそんなに取らなくていいのではないだろうか。それにそもそも自分は文章の磨き上げ方なんかよりも、文章の不気味の谷という発想の方を褒められたい。これは日記を書きながら自然と思いついたということもしっかりと忘れないように書き留めておきたい。