ほかほかしっとり

思ったよりほかほか

今日の夢〜

北朝鮮が無事アメリカに核を打ち込み、当面の見通し通り世界には混沌が訪れている。かくいう私も混沌に乗じて自我を解放しようとしている。しかしこれは生来私の抱えている自我なのだろうか。それとも混沌以前に堆積していた自我が混沌の到来によって変容してしまったものなのではないだろうかとも近頃は感じる。混沌以来私の頭は冴えている。少なくとも私はそう感じている。混沌が訪れる前は毎日寝ていても生きていけたのだ。混沌というやつには存外脳の働きを促進する作用でもあるのではないだろうか。

北朝鮮は1度目の打ち上げに失敗した。それにもかかわらず、今アメリカかのどこそれはネズミ一匹いないという。もう一週間は経っているからひょっとしたらそろそろ湧いてきてるかもしれないが、食糧には困ってるんじゃないだろうか。その後の北朝鮮がどうなっているかは分からない。とにかく毎日ものすごい量の情報が飛び交うのだ。ニュース番組以外やらなくなったテレビを見るほど私は暇ではない。電気の通った私のコンピュータは次のステップとして体を動かしたがっているのだ。とにかくその1度目の失敗というのが私にインスピレーションを与え、夜も寝かしてくれなくなったという次第なのである。

要するに私もミサイルを打つのだ。私はそれの搭乗員である。普通のミサイルに搭乗員がいるかどうかは知らないが、もうコックピットを作ってしまったのだからもうつべこべ言う段階ではないだろう。とにかく私は今コックピットに載っていて、発射の瞬間を迎えようとしている。発射に成功はない。「こういう軌道を描いて飛ぼう」とかいうことを意図的に考慮から取り除いたため、奇跡的にキレイに飛ぼうがそれは失敗であり、成功だ。私の心は決まった。秒針が12に辿り着いたら私は失敗する。

なんのシミュレーションもしていなかったため、発射の衝撃は私の意識を奪った。気がついたら私は滑空していた。北朝鮮に1度目に飛ばされ、爆発すらせずに海に沈んだ一基目のミサイルの気持ちを私は味わっているのだ。思いの外そこには落胆や絶望はなく、空と海とでくどいほどにただただ青いだけだ。ただの優雅な空中散歩の後、私は海の藻屑のなった。ただ1つだけ気になる心残りが出来て死んでしまった。着水する数分前に私と似たようなミサイル一基とすれ違い、搭乗員と目が合ったような気がしたのだが、あれは私の見間違いかそれとも幻覚の類だったのだろうか?

広告を非表示にする