読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかほかしっとり

思ったよりほかほか

今日みた夢

今日はカフェインの神様による「人体とカフェインの関係」についての講義を受けました。講義といっても聴いていたのは僕一人でしたが、とてもためになりました。

まずカフェインの神様は僕の口に手を突っ込むと、何かを引っ張りだしました。神様の手に掴まれていたのは5つのカーリングの石みたいな袋が管で連結かれた物でした。

「これがカフェインを蓄え、処理する器官じゃよ」

神様は神様っぽい口調で教えてくれました。

「まあこれはイメージしやすいように可視化したサンプルゆえあれじゃが、一番上の袋が頭にあって一番下は爪先にあると思ってくれたまえ。この袋が全て満たされていると人間はいい感じになるのじゃが、あいにく体力を使ったり時間が経つとどんどん薄まっていく。地球には重力というものがあるゆえ、上の方から薄まっていくわけじゃの。」

神様は一度全ての袋を茶色くした後、上の方から薄くグラデーションさせていった。

「まあこれも分かりやすいように可視化させてみたのじゃが、実際はこうはならない。なぜかというとこの器官は『すべての袋を同じ濃度に保とうとする機能』を有しているからじゃ。しかしさっきも言ったように地球には重力がある。したがってこの機能によって、下の方の袋から上の方の袋へカフェインは運ばれるのじゃな。このカフェインを上に移動するという機能じゃが、実はなかなかのエネルギーを要するのじゃ。カフェイン切れによる虚脱感はここから来るというわけじゃな。」

カフェインの神様は満足げに講義を終え、一応僕のカフェイン袋を僕の中に戻すパフォーマンスをすると、どこかに消えてしまいました。

カフェイン袋の中のカフェイン濃度をいっぱいにして返してくれたのか、僕はそのあと元気がモリモリと出てきました。それに比例して頭の回転も良くなったようで、僕はカフェイン袋の正式名称が気になっていてもたってもいられなくなってしまいました。次にカフェインの神様に出会えたら、真っ先に尋ねてみようと思います。