読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかほかしっとり

思ったよりほかほか

壊れかけのラジオCM

ラジオを聴きながら作業をすることがよくある。ラジオを毎日繰り返し聞いていると、その日その日の内容よりも、合間の広告の内容の方が記憶に残っていく。それに比例して、最初は聞き流していたような細かいところが気になってくる。一度気になるとそのCMが流れるたびに今度はイライラが堆積していきそうだ。一度吐き出してスッキリしたいので、いくつか書き留めておこうと思う。

1つ目はローカルで、信濃毎日新聞のラジオCMだ。内容としては「新聞を読む子供の学力は読まない子供より高い」というものなのだが、「新聞とは学力を上げたくて読むものなのだろうか」と思ってしまう。地方紙で内容に自信がないのは分かるけど、だからといってそんな論点がズレたCMを垂れ流していたら余計読む人が減るような気がしてならない。印象に残るCMなので信濃毎日新聞の名前は覚えるが、自分はそのまま脳内のブラックリストに入れた。

2つ目は多分全国的なCMで、AARジャパン?みたいな難民を助けるNGO?のやつだ。まずいきなり「日本人の心は冷たくなんてない」と始まり、「難民助けないなんて日本人冷たいネ」と外人に言われて悲しかったから難民を助けたいから応援してくれ。という内容の補足がつく。それを聞くたびに自分は「お前は冷たいって言われたらなんでもするのか」と思ってしまう。難民を援助する活動は別に立派だとは思うが、そんな風に紹介されると「助けないからって『冷たい』なんて言ってくるやつを助ける必要ないんじゃないか」とまで思ってしまうので、自分とはあまり相性のよくないCMの1つだ。

こうして並べてみると自分は変な理屈で攻めてるCMが嫌いなようだ。バカみたいで聞いてて恥ずかしいようなCMの方が気になるって人や、単純にサウンドとして耳障りなCMが気になる人もいるみたいなので、それぞれ人によって相性のあるものなんだと思った。