読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほかほかしっとり

思ったよりほかほか

ソーシャルゴッド

随想

なんにだって神様がいることは日本においては常識だが、社会の神様っていうのはいるんだろうか。いるとしたら「君はこういう役割で、君はこういう役割ね」というようなことを司っているんじゃなかろうかと思う。そして俺は社会の神様に『「ここは自分のいるべき場所じゃない」と思い続ける人間』という役割を任命されているんじゃなかろうか。どこにいても「ここは自分のいるべき場所じゃない」と思いすぎて、最近スピリチュアルさすら感じて来た結果、そういう考えに至りつつある。別の言い方をすれば「いつかあっけなく自分を居るべき場所が見つかるんじゃなかろうか」と思い続ける人間という役割の人間の可能性もある。