ほかほかしっとり

思ったよりほかほか

デイリー

「おはようばあちゃん、どう?体調。よくなった?」

「おあいにくさま。この通りすっかりよくなったよ。」

「よかったね。それだったら今日のお友達との会にも行けるじゃん。」

「前もって『いけないかもしれない』とは伝えてあるからね。治ったって言ったら嫌な顔されちゃうわ。」

「そんなことないさ。じゃあ車出しとくから、準備出来たら乗ってね。」

「近道で安全運転で頼むよ。せっかくよくなったのに遅れたんじゃ格好つかないからね。」

「はいよ。じゃあ待ってるから。」

「あ、ちょっと待ちな。これ食べて待っておいて。」

「なにこれ?黄色いスイカ?パイナップル?なんかの果物?」

「食べたら分かるさ!」

 

「果物どうしたの、せぎんとこにべちゃってあったけど。」

「ああ、毒でも入ってたらことだから食べずに捨てといたよ。」

日記

「あらあキレイな花じゃなーい。本当にもらっちゃってもいいの?」

「ハネたやつでよかったらね。いくらでももっていって。」

おばあちゃんが花を友達にあげている。ハネたやつ云々とまたいらんことを言っているが、まあ和気藹々とした雰囲気だ。しかしばあちゃんの友達の次の一言があたりの雰囲気を一変させる。

「じゃあまたね、これ貸しにしといてね。」

ばあちゃんの形相が険しくなり、今までの空気とはまったく違うトーンで激昂する。

「貸しだなんて!馬鹿言っちゃいけないよ!何言ってんだい!そんなのにされんならあげないよ!冗談言っちゃ困るよほんとに。」

ひとしきり当たり散らした後も、ばあちゃんは友達2人を睨みつけている。お花をあげただけなのに非常に気まずい空気になった。車で待機している自分は笑いをこらえるので必死だった。

今日の夢

「ほんとにここが近道なの?なんかどんどん狭くなっていくけど。」

「ああ、こんな道だったと思うよ。」

僕が運転席に座っていて、父親が後ろの席でふんぞり返っている。辺りは夕焼けのフェーズを終え、涼しげな青に染まっている。ただし涼しげなのは見た目だけで、地上は非常に暑い。僕はクーラーをガンガンにかけた状態で、見知らぬ家路を運転させられている。

「やっぱり違ったじゃん。ここどこだよ。」

「おかしいなお前。ちゃんと言ったとこで曲がったか?」

「言われた通りに運転してきたよ。なんかもう疲れて眠くなってきたわ。」

「ダメだなあこの程度で。そうだ。よし。一本やるからこれ飲んで帰れ。」

「なんだよそれ。やだよ。余計眠くなるじゃん。」

「本当にお前はダメだな。これからの為にも鍛えないとな。」

「お前が鍛えろよ。べろべろで道間違えやがってさ。」

「はははは。それはお前。そんなこと言ったらお前。身もふたもないだろ。ははは。」

酔っ払いとの会話ほど生産性のないものもないんじゃないだろうか。しかし普段理性で誤魔化してるだけで、直感だけで会話したら人間こんなもんなんじゃないだろうかとも思ったりもする。ただ僕だったらもっと理路整然と会話することは出来るとは思うが。

「俺は食わないけど。ラーメンでも食って帰るか?」

「食わないのかよ。そんなら僕も別にいらないよ。」

「なんでこんなに混んでるんだろうなあ。眩しいな。眩しくないか?」

「眩しすぎてなんか眠くなってきそうだよ。」

「ははは。飲むか?」

「いやいらないよ。」

僕の知っている大通りに無事戻ることができたが、そっちはそっちで混みまくっていた。この調子だとまだまだ帰れそうにはない。

自分は子供の頃から「今、何を感じるべきなのか」ということが頭の中で問題になりがちな人間だったと思う。世に言う「物心がついた」瞬間に考えていたことがそれなんじゃないかともなんとなく思う。

たとえば我慢できるレベルで痛いことが身に起きたとき、それを外に出すことが果たして適切なのか、そして適切だった場合にそれをどう表現することが適切なのか。そういうことを考えだすと当然表現すべきだったタイミングはとっくに終わっていて、「どう表現するのが適切だったか」という問題についてはいくら考えても答えが出ることはなかった。これは誰もが通る道なのかもしれないが自分はかつてそういう子供で、「どう表現するのが適切だったか」という問題は未だに未解決だ。

しかしなにごとにも当意即妙その場で回答を出さなきゃいけないわけではない。答えを提示するまでに十分な猶予を与えられる場合もある。そういうときに自分が今まで何を基準にしてきたかというと往々にして「どう受け取るのがカッコいいか」であったと思う。

カッコいいことの基準は自分の中では最初からナチュラルに存在していた。平凡でなく、ケチでなく、知性を伴っていること。それを満たしたいることが究極の理想であったのではないかと思う。それは自然発生したものではないとも、今になると思う。おそらく人より弟や妹が多めにいることとかが関わっているのではないだろうか。今の自分がそういう基準にもう凝り固まっているというか、しがみついているということはないんじゃないかと思う。しかしこれからも究極の理想を想起したときに自分が顔を向けるのは、結局そこになってくるんだろうとも思う。

たいやき

近所のたい焼き屋のおっさんが自分は嫌いだ。細々したことが重なって嫌いになった。しかしちょっとした接点があって時々関わらないといけないし、祖母が買ってきたりするので、そのおっさんのたい焼きを食う機会も時折ある。これからもそのおっさんがその店で働いている限りちょこちょこ関わっていかないと思うと、実際問題別にそれほどではないが少し憂鬱だ。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとはよく言ったもので、たい焼き屋のおっさんの人格が気に入らないとそのおっさんの作るたい焼きにも批判的な視線を送ってしまう。おっさんが来る前はお姉さんが働いていたのだが、そのお姉さんのたい焼きは何も気になることはなかった。しかしおっさんに腹が立ち出すとおっさんのたい焼きの特徴もわかってきて、腹が立ってきたのだ。

結論から言うと、おっさんのたい焼きは尻尾まで餡が入りすぎているのである。お姉さんのたい焼きに馴れ親しんだ自分としては、頭を食べた後の口直し的に尻尾を食べたいのに、おっさんのたい焼きは餡が尻尾よりなせいで尻尾で口直しはできない。しかも尻尾に餡が寄ってるせいで頭の先っちょに餡が届いてないのだ。考えてみればまあ当然なのだが、これはもう混沌である。

そういう特徴があると分かっているからといって自分は尻尾から食べたりはしたくない。パリパリの尻尾だからこそ口直しとしての役割を全うするというものだと、自分はお姉さんに教えられている。生理的にもおっさんのたい焼きよりお姉さんのたい焼きの方が食べたいので、早く戻ってきてほしいと願う。

妄想相談

「DJあおいという人がありがたがられている理由が分かりません。素性もなにもよく分からない上に、よく相談など受けているけどその回答にも私は納得がいかないことがほとんどです。けど友達はみんな一定の尊敬をしているみたいで、私は毎日モヤモヤします。もしかして私がおかしいのでしょうか?」

 

まず言えることは、あなたがおかしいなんてことは少しもあり得ないということです

 

あなたに周りと違う部分があるとすれば、周りより少し知能が高いことかもしれません

DJあおいさんの文章は基本的に根拠などのない個人の感想です

色々な経験をされてきて、色々な人を見てきたDJあおいさんの『感想』

基本的にそれが彼女のスタイルなんですよね

それはそれで誰も批判することはできないと思うのですが、問題は読み手の捉え方ですよね

 

それが単なる感想であるにも関わらず、あたかも客観的で普遍的な意見だと捉えてしまう

そういう部分にあなたは違和感を覚えているのではないでしょうか

意図的に根拠を載せてないのか、天然なのかは分かりません

しかしその程度の文章をありがたがってしまうのは結局、その程度の人間だということですね

 

あなたは間違っていません

世の中にはたくさんの質のいい文章が転がっています

これからは質の低い文章には構わず、周りに流されず

あなただけの感性をあなたの方法で磨いていってください

暑い夢

チョロQを引っ張りすぎると、どういう原理かは分からないけどカチカチと鳴り始める。大きいチョロQがあったらこんな音が鳴るだろうなというようなカチカチ音が、日常生活において時折聞こえる。音までの距離はまちまちだし、時間的な長さもまちまちだ。

果たしてこのカチカチ音は生き物によるものなんだろうか。もしそうならカチカチ音の正体は僕のことは知ってるのだろうか。雨の日でも、真夜中でも外から聞こえてくるのできっと人ではないと思いたい。人だったらさすがの僕でも怖い。

僕が本気でカチカチの正体を知りたいと思い始めたらどういうことができるだろうか。カチカチが聞こえ始めてから追いかけ出したのでは逃げてしまったりするのではないだろうか。まあそんな心配もまだ必要はない。なぜなら僕はカチカチの正体にはまださほど関心はないのだ。

近頃は本当に暑い。冷房の原理は空気を潰したり伸ばしたりする事だと聞いたことがあるが、今の時代もまだそうなのだろうか。涼しい風は僕の気持ちを非常に落ち着かせてくれるが、なかったらなかったで仕方ない。涼しい風を作り出そうなんて考えたことは現時点では一度もないのだ。